生活に役立つ、実践的なお掃除豆知識を公開してます

毎日鏡を綺麗にキープする方法

鏡は身だしなみを整えたり、歯磨きをするときに見たり、毎日1回は必ず見るものですよね。知らない間に水滴や歯磨き粉が飛んでいて鏡が汚れてしまっていることはありませんか?なるべく楽して、きれいさを持続させる方法を教えたいと思います。綺麗な鏡でお出かけ前の身だしなみチェックをしましょう。

洗面台の鏡の掃除について

まずは、毎日歯磨きや手洗いうがいをし、使用頻度の高い洗面台の鏡の掃除方法です。洗面台の鏡の掃除で一番おすすめなのは洗面台にひっかけているタオルを使うことです。洗面台のタオルは洗った手を拭き取るので、多少水分が含まれています。その程よく湿ったタオルを洗濯前に洗面台掃除のアイテムにしてしまいましょう。同時に洗面台に残った水滴も拭き取るのもいいですね。

お風呂の鏡の掃除のついて

お風呂の鏡にはくもり止めを使いましょう。鏡をクレンサーや研磨剤で磨いたあとにくもり止めを吹きかけて下さい。くもり止めは鏡の表面をコーティングしますので、くもりを防止するだけでなく、水滴がつきにくくなります。

また、ダイヤモンドパッドを鏡の表面に使っても水滴がつきにくくなるのでおすすめです。

さらに、毎日のお風呂あがりにでも、乾いたタオルで鏡をふいて水分をとってみて下さい。

少しの手間を加えるだけで、鏡を綺麗に維持することができます。

その他の方法は?

特にお風呂の鏡で効果を発揮するのが、車のフロントガラスに時々つける油膜取りです。これは鏡を継続的にきれいにさせることにも使えます。油膜をとることで、鏡がくもるのを防ぐことができるからです。まず鏡をきれいに掃除し、その後油膜取りをつけましょう。

紙やすりでこするのも効果的です。2000番というサンドペーパーが一番いいでしょう。

鏡を研磨すると傷がつきそうだと不安になるかもしれませんが、様子を見ながら優しくこすってみてください。

鏡の掃除に時間はかからない

鏡は毎日使うものです。毎日使った後、軽くタオルで水滴を取るだけでも、綺麗な鏡がキープできてしまいます。忙しい毎日でもタオルで鏡を拭くくらいの時間はあるはずです。是非、ご紹介した方法を試して頂いて、綺麗な鏡で毎日の身だしなみチェックをしてみてはいかがでしょうか。