生活に役立つ、実践的なお掃除豆知識を公開してます

誰でもできるカーペットや絨毯の掃除の方法

ご自宅にあるカーペットや絨毯ですが、皆さんはキチンとお掃除できていますか?

多くの方が掃除機や、粘着テープを使ってお掃除しているのではないでしょうか。

大きなゴミは取れたけど、細かいゴミやホコリなどはしっかり取れているか心配ですよね?

もっとしっかりとカーペットや絨毯をお掃除してみたいと思いませんか?

カーペットと絨毯ってそもそも違うの?

一般的にカーペットと絨毯は同じ物ですが、その呼び名の大きな違いは価格です。

カーペットは安価で量産されているものの事を指し、絨毯はペルシャ絨毯などに代表されるような高級品を指します。

本場ペルシャでは10代の若い女性が絨毯を作成していましたが、視力が著しく落ちてしまい長く勤められないことや、労働環境の苛酷さから近年では「機械織り」が一般的になってきています。

カーペットや絨毯をきれいにする重要性とは

カーペットや絨毯を多くの家庭で利用しているのは様々な理由があると思います。

では、それらのカーペットや絨毯にはどのくらいのゴミやホコリが付着しているか御存知でしょうか?

実はカーペットや絨毯には住宅で発生するホコリの大部分が蓄積しています。

皆さんもテレビや棚の上などすぐにホコリがたまってしまいこまめにお掃除をされると思いますが、その何倍もの面積のカーペットや絨毯はホコリやダニの温床となっているのです。

誰にでも簡単に、お金をかけずに掃除をする方法

ココからは高級品の絨毯ではなく、カーペットの掃除方法をご紹介します。

使用するのは「ゴム手袋」のみ。

作業は簡単で、ゴム手袋をはめてカーペットの毛流れに沿って動かすだけ。

そうすると、絡まった髪の毛やホコリが絡みついて表面に出てきます。

粘着テープは表面のみのゴミを取るのには優秀ですがその奥までは届きませんのでゴム手袋が効果的です。

ゴム手袋がない方はぬらした手のひらでも十分お掃除できますよ。

絨毯にはこの方法は適しません

絨毯の羊毛は高級品になればなるほど細かく繊細です。

上記の方法を行なうと毛が取れて薄くなったり柄が傷つくことがありますので、専門業者に依頼されることをおすすめします。

また、カーペットも絨毯も年に1回は丸洗いクリーニングがおすすめです。

ぜひ暖かくなる時期にお試し下さい。